なま落花生のおいしい食べ方

利用のポイント

※水(湯)に一晩ひたした後、ゆで、やわらかくした落花生を惣菜、炊き込みご飯等に使用いただけます。
※煮物等で味をしみ込ませる場合には渋皮をつけたまま調理してください。
※炒り落花生は、砕いたりして菓子類、惣菜などに利用できます。

ゆで豆

大豆の枝豆にあたるもので、豆がまだ若い時(9月中、上旬)に掘り取って、水洗いし、からつきのまま約40分塩ゆでにします。

いり豆

さやを割って、渋皮のついた豆をフライパン等で炒めてください。
洗った砂や塩と一緒に炒ると焦げ目がつきにくいです。また、塩味をとける場合は、塩水に浸した後に炒めてください。
さめて落花生が硬くなったらいただきます。

(注)焦がさないようにゆっくり炒めてください。

ピーナッツバター

<材料>
炒り落花生300g
バター(又はサラダ油)200g
食塩 10g
砂糖300g

炒った落花生の渋皮をとったものをミキサーや、すり鉢等ですりつぶし、バター(又はサラダ油)、塩1〜3%を加えて練り、とろりと仕上げます。砂糖を加えたり、とろ火で練っても良いでしょう。びん等で保存し、パンにつけたりあえ物に利用します。

ピーナッツミソ

<材料>
落花生200g
砂糖150g〜200g
サラダ油 大さじ2
水、大さじ2

落花生は渋皮のまま油でよくいためてから、砂糖、味噌、水を加えてよくからめて仕上げます。
水の代わりに、はちみつ、水あめ、酒、みりん等を加えてねっても良いでしょう。
さめて落花生がかたくなったらいただきます。

(注)落花生はこがさないようにしましょう。

落花生の揚げ菓子・マコロン

<材料>
炒り落花生 1カップ
小麦粉 1カップ
卵 1個
砂糖 大さじ4

落花生は炒って渋皮をとり、みじん切りにします。
よくふるった小麦粉、落花生、砂糖を混ぜ合わせてから、よくときほぐした卵を入れて練り、これを直径1.5cm位にまるめ、中心を軽く押しつぶして落花生の形にします。
油でカラリと揚げてください。